• ドイツ書の翻訳出版社

    書名:羊たちの沈黙は、なぜ続くのか—私たちの社会と生活を破壊するエリート民主政治と新自由主義
    著者:ライナー・マウスフェルト Rainer Mausfeld
    原題:Warum schweigen die Lämmer? – Wie Elitendemokratie und Neoliberalismus unsere Gesellschaft und unsere Lebensgrundlagen zerstören (Westend Verlag, 2018)
    訳:長谷川圭、鄭基成

    2022年11月刊行 A5判 400ページ 上製 価格 3000円(+税)
    ISBN 978-4-9909696-4-6

    ご注文は全国有名書店またはオンライン書店へ
    取り扱い書店は版元ドットコムでもご覧いただけます。

    新自由主義資本主義が支配するエリート民主政治の行き着く先は、私たちの社会と生活の破壊だ。民主政治と自由。この二つの言葉は、私たちの社会にとって、とてつもなく大きな約束を意味し、その実現のために途方もないエネルギーを解き放つ力を持つ。しかし、かつてこの二つの言葉に込められていた人々の希望は、もはや影も形も残っていない。いったい何があったのだろうか?
    ・・・著者は、教育とメディアによる教化が、本当の権力を不可視に、社会を権威主義と全体主義に、民衆を従順な羊たちに変えた人心教化プログラムを解き明かす。新自由主義イデオロギーの本質を明らかにし、沈黙を続ける羊たちに覚醒と自己変革を促す注目のベストセラー。本邦初訳。

    著者ライナー・マウスフェルトは1949年生まれ、ドイツ、キール大学名誉教授。知覚と認知心理学が専門。政治・社会問題に関する研究を通じて、新自由主義イデオロギー、デモクラシー(民主政治)の権威主義統制国家制への転換、世論形成とショックドクトリンの心理操作の仕組みなどについての著作多数。講演活動にも注力しており、中でも『世論とデモクラシーはいかに操作されているか?』と『権力エリートは民衆を恐れている』は数十万人の聴衆を集めた。

    株式会社サンプルの最新情報をお届けします

    シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

    ※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

    ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。

    PAGE TOP